金魚妻 1巻ネタバレ 弁当妻結末と感想【他の男に妻を抱かせる夫!?自分の欲を掻き立てるために…】

2017y08m17d_230124133

金魚妻
作者:黒沢R

 

 

金魚妻のネタバレ

 

『金魚妻』は4作で構成されています。

そのうちの1作『弁当妻』です。

 

それぞれ関連性のあるタイトルですが、
弁当妻は、料理が得意な妻 朔子(のりこ)さんが
登場します。

 

朔子さんの作った弁当は
本当に見栄えもいいし、美味しそう!!

性格は、控えめで、おしとやか。

 

そして…男嫌い?

 

ショートカットで細い身体をしています。

 

「うちの妻とヤリたくないか?」

 

夫はセックスレスに悩み、
同じ会社の独身男に妻を抱いて欲しいと頼み込む。

この夫の考え方、理解に苦しむ私です(汗)

 

夫は他の男に抱かれている妻を見て、
自分の欲を掻き立てる。。

そんな夫の結末が可哀そうでした。。

 

自業自得ですけどね(笑)

 

他の男に妻を抱かせる夫!?自分の欲を掻き立てるために…

 

「保ヶ辺さんの弁当
いつも美味しそうですね」

 

同じ会社の津多は、朔子の作った弁当を見て
そういいます。

 

「結婚8年目ともなるとさすがに
マンネリ化しちゃってね」

 

「夫婦の危機を救えるのは
君しかいないんだ!」

 

津多に拝むように頼み込む朔子の夫。

 

「二人ともちょっと手を繋いで
くれないか」

 

保ヶ辺夫婦宅に遊びに行き、
妻と手を握って欲しいと言い出す夫。

 

そんな、自分自身の欲を掻き立てる行為を
指示します。

 

そんな、行為も日に日にエスカレートしていき。。。

 

『ゃ  や  やわらけ~~~』

 

今度は、朔子とキス。
そんな感触を津多は感じていました。

 

「舌…入れてみたら…?」

 

夫は更に刺激を求める言葉を放ちます。

 

『この夫おかしいだろう!?』

 

そんな風に感じていた私ですが、

 

「チュク…チュッ」

 

「クチュ…」

 

2人は汗をかきながら、
キスをし続けます。

 

『すごい顔で睨んでいた』

 

そんな2人が気に入らないのか、
夫は怖い顔をしているようでした。

 

また別の日…。

 

『気を付けないと
勘違いしてしまいそうになる』

 

夫の行為は更に、エスカレートして
テーブルに座わらせ、スカートの下から
朔子の身体に触れる津多。

 

「あっ津多さん…っ」

 

顔を歪めて、津多の名前を呼ぶ朔子。

津多もまた、そんな朔子を

 

『好きになってしまうのでは!?』

 

感じているのでした。。

 

「夫から津多さんが
風邪でお休みときいたので…」

 

「住所は年賀状で…」

 

朔子は豪華そうな弁当を持って
津多の住むマンションに訪れます。

 

始めは、津多の恋愛話をしていました。。

 

しかし、

 

「これ以上一緒にいたら
好きになっちゃうから…」

 

そんな事を言い出す朔子に津多は、

 

「僕も…好きになっちゃいました…」

 

もう、2人の気持ちも欲も止められない。

 

『彼女の細い腰が
砕けてしまうんじゃないかというほど…』

 

今まで我慢してきた感情があふれるのでした。。。

 

『金魚妻』の弁当妻。

 

セックスレスを解消するために、
妻を他の男に抱かせる。。。

 

そして、
そんな夫は最後自業自得といえる
結果になるのでした(笑)

 

妻が他の男に抱かれる様子を
眺める夫にひいた私です。

 

弁当妻の感想

妻を他の男に抱かせようとする夫に対して
理解に苦しみます。

 

しかし、男性の中には、

 

妻が他の男と抱かれているのを見て、
興奮することもあるのかな!?

 

夫以外の男性をしらない妻が、
他の人を好きになると…。

 

その気持ちは止められない?

色っぽい奥さんでした(笑)

 

『金魚妻』はBookLive!で読めます。

第1話が無料お試し読み出来ます。

 

良かったら読んでください。
BookLive!はコチラです。
『金魚妻』で検索してください。